骨粗鬆症は骨が弱くなって、骨折しやすくなり、背骨の変形や寝たきりにもつながる病気です。骨粗鬆症を早く発見し治療を始めて骨折を予防しましょう。薬物治療によって骨密度の値は改善されても、薬をやめると骨密度は再び低下してしまいます。きちんと治療を続けることが重要です。

骨粗鬆症のQ&A

骨粗鬆症に関するQ&Aです。

知っておきたい予備知識

骨粗鬆症を、もっと理解するために、知っておきたい骨粗鬆症の予備知識をご紹介します。

監修医

聖隷浜松病院 骨・関節外科部長
森 諭史 先生