動脈に傷がつき、その部分に脂肪やコレステロールがたまって起こります。

動脈硬化には、比較的太めの動脈に起こる「粥状(じゅくじょう)動脈硬化(アテローム動脈硬化)」、細い動脈に起こる「細動脈硬化」があります。粥状動脈硬化は、一般的に動脈硬化といわれているものです。細動脈硬化は、高血圧が原因で生じる、脳や腎臓の細い動脈の病気です。これ以外に、主に足の動脈に起こる「中膜石灰化硬化(メンケベルグ硬化)」がありますが、これは直接、病気とは関係しません。ここでは粥状動脈硬化が起きるメカニズムをご紹介します。

血管の構造

動脈は、内側から内膜、中膜、外膜の3層でできていて、内膜は内皮細胞という細胞におおわれています。内皮細胞は血液が固まるのを防いだり、血管を拡げるなど、動脈硬化を防ぐさまざまな働きを持っています。

血管の構造の画像

動脈硬化が起こるメカニズム

動脈硬化が起こるメカニズムの画像1


高血圧や糖尿病などによって血管に負担がかかると、血管の内皮細胞に傷がつき、内皮が持っている動脈硬化を防ぐ働きが失われます。 

動脈硬化が起こるメカニズムの画像2

すると血液中のLDLが内膜に入り込み、酸化を受けて酸化LDLに変化します。それを処理するために白血球の一種である単球も内膜へと入り込み、マクロファージに変わります。

動脈硬化が起こるメカニズムの画像3

 

マクロファージは酸化LDLを取り込んで、やがて死んでいきます。この結果、内膜に、LDLに含まれていたコレステロールや脂肪が、お粥のような柔らかい沈着物となってたまっていき、内膜はどんどん厚くなります。このようにしてできた血管のコブをプラーク(粥腫)と言い、プラークができた状態を粥状(アテローム)動脈硬化と言います。なおHDLはプラークからコレステロールを抜きとることで、動脈硬化を解消する方向に働きます。
プラークができると、血流が悪くなり、血管が少し収縮しただけで血流がとだえて、その血管により酸素や栄養が送られている心臓や脳に症状が起こります。

動脈硬化が起こるメカニズムの画像4

また、プラークが破れると、そこに血のかたまり(血栓:けっせん)ができて血流が完全に途絶え、心筋梗塞や脳梗塞が起こります。また、血栓が血流にのって脳などに運ばれ、細い動脈を塞ぐことで脳梗塞などを起こすこともあります。