胃に負担をかけない生活習慣を身につけましょう。

できるだけ決まった時間に食事をとるようにしましょう

食事の時間が不規則であったり、夜遅い時間、とくに就寝直前に食事をとったりすることは、胃に過剰な負担をかけることになります。

よく噛んで、ゆっくり食べましょう

口の中で食べ物をよく噛んで細かくすることによって、胃で消化しやすくなり、胃の負担が少なくなります。

食事の量は腹八分目にしましょう

食事の量をとり過ぎることは、胃に大きな負担をかけ、胃酸の過剰分泌を引き起こす原因となります。

胃に負担のかかる食事をとり過ぎないようにしましょう

甘いものや、トウガラシなどの刺激の強い香辛料、脂肪分の多い食事をとり過ぎることは、胃もたれや胃酸の過剰分泌を引き起こす原因となります。

食後には休息をとりましょう

食事のすぐ後に運動などをすると、胃のはたらきが弱まります。

睡眠を十分にとり、ストレスや疲れをためないようにしましょう

胃腸は、精神的・肉体的なストレスの影響をとても受けやすい臓器です。

適度な運動をしましょう

適度な運動は、消化管のはたらきを活発にします。また、運動することでストレス発散にもなります。

アルコールのとり過ぎに注意しましょう

アルコールは、胃酸の分泌を増やすといわれています。胃酸分泌は機能性ディスペプシアの主な原因のひとつですから、アルコールのとり過ぎには注意が必要です。

禁煙を心がけましょう

喫煙は、胃の血流量を低下し、胃のはたらきを悪くします。