機能性ディスペプシア(FD)の他にも、検査を行っても、症状の原因となる異常がみつからない消化器の病気があります。

胸やおなかのあたりに不快な症状があるにもかかわらず、内視鏡検査などを行っても、症状の原因となる異常を発見できない病気をまとめて「機能性消化管障害(FGID :Functional gastrointestinal disorders)」と呼びます。機能性消化管障害には、機能性ディスペプシアの他に「非びらん性胃食道逆流症」や「過敏性腸症候群」などがあります。

機能性ディスペプシアの患者さんは非びらん性胃食道逆流症や過敏性腸症候群をあわせ持ったり、時間の経過とともに症状が移り変わったりすることが報告されています。

非びらん性胃食道逆流症(NERD :non-erosive reflux disease)

胸やけなどの不快な症状があるにもかかわらず、検査をしても食道にびらんや潰瘍などの異常がみつからない病気です。胃液や胃の中の食べ物などが食道に逆流して、びらんや潰瘍ができる逆流性食道炎と同じような症状が起こります。

非びらん性胃食道逆流症で起こる胸やけと機能性ディスペプシアで起こる心窩部痛心窩部灼熱感の症状は似ていますが、機能性ディスペプシアではみぞおちのあたりに症状が現れるのに対し、非びらん性胃食道逆流症ではそれよりも上の胸のあたりに症状が現れます。

過敏性腸症候群(IBS:irritable bowel syndrome)

過敏性腸症候群とは、腹痛や腹部不快感をともなう下痢や便秘などの便通異常が慢性的にくり返される病気です。単純な下痢や便秘と大きく違うのは、主な原因がストレスであることと、腹痛やおなかの張り/おなかがなんとなく気持ち悪い/おなかが鳴るといった腹部症状をともなうなど、排便状態と症状に密接な関係が認められることです。

機能性ディスペプシアと同じように、過敏性腸症候群も機能性消化管障害のひとつですが、機能性ディスペプシアは胃と十二指腸の機能障害であるのに対し、過敏性腸症候群は主に大腸の機能障害が原因で起こります。