ヘルスケアコンプライアンス -医療関係者との関わり

アステラスの基本的な使命は、患者さんに安全かつ有効な医薬品を提供し、健康と福祉に貢献することです。そのためには、医療関係者、医療機関・医療関係団体および患者団体と連携し、アステラスの製品や承認された効能・効果に関する正確な情報を提供するとともに、必要に応じて製品の適正な使用に対する理解を促進させることが重要となります。製薬会社と医療関係者の医学的・科学的な交流は、先端と信頼の医薬の提供にあたって不可欠であり、世界中の患者さんの健康に寄与するものと考えています。

アステラスは、経済的な面においても、医療関係者や医療機関・医療関係団体と適切に関わっていきます。医療関係者やその他の専門家と対価の支払いを伴うコンサルタント契約を締結する場合は、固有のアドバイス、専門的知見、またはサービスに対する業務上の合理的なニーズが文書で説明できる形で存在する必要があります。また、このような契約は適正な選定基準に基づいて行い、アステラス製品の使用または推奨の見返りや誘因となることがあってはなりません。

ヘルスケアコンプライアンスは、アステラスのエシックス&コンプライアンス部門の重点分野の一つであり、アステラスと医療関係者、医療機関・医療関係団体および患者団体との関わりが適法かつ倫理的で、最終的に患者さんの利益に資するものになるために欠かせないものです。高い倫理観へのコミットメントは、アステラスのグローバル企業活動の根幹となるものです。あらゆる適用法令、ガイドラインおよび社内規程を文面のみならずその本質を含めて遵守することが、このコミットメントにおいて不可欠です。すべてのアステラス社員は、高い倫理観に基づいて行動し、法令、業界ルール及び社内規程を遵守することが求められます。このことは、医療に関する意思決定の独立性を守り、不適切な影響および不正の外観を排除し、当社の信用、ブランドおよびインテグリティを高めることにつながります。

アステラスは、グローバルに渡って透明性ルールを遵守し、各国の法律や業界規制に従って支払等の情報を開示しています。利害関係者や当局に対して情報開示を行うだけでなく、一般にも公開することで、企業としての説明責任を果たしています。

閉じる

個人情報保護

患者さんに価値を提供することがアステラスの企業活動の根幹となりますが、業務上託された個人情報を保護し、適切に取り扱うことも、その一環だと捉えています。医師、患者、当社および業務委託先の社員、その他のステークホルダーは、アステラスに自身の個人情報を共有することがありますが、アステラスがそれを安全かつ透明性を持って使用し、常に注意深く取り扱うことと信じています。

すべてのアステラス社員およびアステラスのために業務を行う者は、個人情報に配慮しこれを保護することにコミットしています。アステラスのエシックス&コンプライアンス部門の個人情報保護チームは、堅牢な個人情報保護プログラムを整備するとともに、アステラス全体に渡って個人情報が適切に取得・利用・共有・保持されるよう、助言やガイダンスを行っています。また、文書化・体系化された個人情報の管理体制を整備しており、これによって、21から成る個人情報の基本的処理活動をカバーし、グローバルに一貫した個人情報保護方針の策定ができるようになっています。このような組織体制および個人情報保護に関するツールやプロセスの導入により、個人情報リスクを早期に特定し、グローバル規模での効果的な改善を可能としています。また、各国においても、エシックス&コンプライアンス部門の個人情報保護チームと同部門の各国の責任者が協力し、適用される個人情報保護法令の遵守の徹底とそのためのモニタリングを行っています。

アステラスの「グローバル個人情報保護規程」並びに個人情報保護に関する社内プロセス統制および安全管理措置は、会社、会社財産、そして個人情報を保護するための重要なフレームワークを構成しています。

閉じる

贈収賄・腐敗行為の防止

アステラスは腐敗行為を断固として容認しません。業務のいかなる場面でも贈収賄や腐敗行為を厳格に禁止しており、高い倫理観と誠実さに根差した企業活動を行うという決意に従い、腐敗行為を禁止する法律を含む、あらゆる適用法を遵守します。

このことは、「アステラスグループ行動規準」および「アステラスグループ反贈収賄・反腐敗行為規程」にも明記している当社の基本的なコミットメントです。また、当社は、腐敗防止を第10原則として掲げる「国連グローバル・コンパクト」と「腐敗防止強化のための東京原則」に賛同しています。

アステラスの腐敗防止へのコミットメントを適切に担保するものとして、反贈収賄・反腐敗行為コンプライアンスプログラムを策定しています。当該プログラムの構成するものとして、反贈収賄・反腐敗行為に関する規程・手順書、研修・コミュニケーション、リスク評価、モニタリング・監査および内部通報・内部調査があります。

アステラスは腐敗防止へのコミットメントを具体化する規程類を整備しており、それらは米国連邦海外腐敗行為防止法、英国贈収賄防止法、その他各国の贈収賄・反腐敗行為防止法に準拠しています。アステラスでは、ファシリテーションペイメントを含め、あらゆる形式の贈収賄・腐敗行為を禁止しています。

アステラスは、腐敗防止の公約を果たす一環として、必要な知識やツールの提供を通じた社員の啓発等に取り組んでいます。すべての社員に対して毎年反贈収賄・反腐敗行為に関する研修を義務付けており、当該研修は22か国語で受講することができます。さらに、社内における機能や役割に基づいて対象者を限定する研修や、個別のリスクやニーズに対応した研修も行っています。「アステラスグループ反贈収賄・反腐敗行為規程」は、誠実さと高い倫理基準に従って事業を遂行し、反贈収賄・反腐敗行為に関わるすべての適用法令を文面だけなくその本質を含めて遵守するという、アステラスのコミットメントを反映したものです。

アステラスでは、反贈収賄・反腐敗行為コンプライアンスプログラムの一環として実施するものを含め、リスク評価とモニタリング活動を実施しています。エシックス&コンプライアンス部門は、贈収賄・腐敗行為に関わるコンプライアンス違反の疑いのある事案については、法務部門と緊密に連携の上、内部調査を行います。また、グループ会社や贈収賄・腐敗行為リスクのある活動を行っているビジネスパートナーの監査については、監査部門と緊密に連携しています。これらを通じて、反贈収賄・反腐敗行為プログラムを継続的に改善し、当該プログラムを常に有効かつ最新に保つことで、変化するリスクに対応しています。

アステラスは、財務報告の完全性と不正の予防・発見を担保すべく、J-SOXに準拠した内部統制システムを構築しています。このような財務統制も、腐敗防止に対するコミットメントの遵守を補完しています。

アステラスの反贈収賄・反腐敗行為コンプライアンスプログラムでは、社員に対して禁止している行為はビジネスパートナーに対してもさせてはならないという重要な原則があります。この原則は、「アステラスグループ反贈収賄・反腐敗行為規程」や「Astellas Business Partner Code of Conduct」にも明記しています。この原則を遵守し、ビジネスパートナーがアステラスのために業務を行うことに関わるリスクを低減・管理するため、アステラスでは、医療関係者や公務員とやり取りを行うビジネスパートナーに対して、贈収賄・腐敗行為に関わるコンプライアンス・デューデリジェンスを行うプロセスを確立しています。さらに、ビジネスパートナーに対する定期的な監査や、契約書の中にリスクに応じた贈収賄・腐敗行為禁止条項を盛り込むことなどをしています。

閉じる

利益相反

効果的なコンプライアンスプログラムのもう1つの重要要素として、自社内の利益相反の問題にどう対処しているかという観点があります。このコンプライアンスプログラムの基盤は、会社が社員の行動をどのように管理するかにかかっています。

利益相反とは、社員の社外活動やその他の個人的利害が、当該社員が業務を遂行する上での客観性や判断を歪める恐れのある状況をいいます。また、社員とアステラスの利害が潜在的に対立している状況も含みます。「アステラスグループ利益相反規程」およびそれに関連する研修では、誰も見ていない場合や法律違反に当たらない場合でも、社員は倫理的で誠実に業務を行うことが求められることを強調しています。この基本姿勢を維持すれば、社外のステークホルダーとの関わりや法的リスクを伴う状況においても社員は倫理観を持って誠実に行動できると私たちは考えています。利益相反状況を開示するプロセスやグローバルに渡る教育研修を通じて、社員が潜在的な利益相反に気付く力を継続的に高め、コンプライアンスに対する社員のオーナーシップを向上させています。

閉じる

透明性情報公開

アジア/オセアニア

閉じる

ヨーロッパ

アメリカ

閉じる
閉じる

公正な競争の確保

アステラスは公正な競争を伴った企業活動を行います。価格などの販売条件、営業計画および戦略、市場や顧客の分割について競合会社と協定を結ぶことはありません。競合会社との関わりは限定的なものとし、必要時においても上記の話題は避け、協定の存在を疑われることがないようにしています。

閉じる