コンプライアンス研修・コミュニケーションの実施

高い倫理観と誠実性に根ざした企業活動を行う上で、業務上のコンプライアンスに関する研修とコミュニケーションは極めて重要です。アステラスは、既存・新規双方のコンプライアンスリスク、またそれらのリスクを管理するための規程やプロセスについて、定期的に社員教育を実施しています。

社員のコンプライアンスに対する意識の醸成と理解の促進を図るため、複数のオンライン研修やライブ研修プログラムを引き続き実施しています。新入社員を含む全社員に対して、アステラスグループ行動規準、個人情報保護、反贈収賄・反腐敗行為、利益相反などをテーマとする各種コンプライアンス研修の受講を義務付けています。また、グローバルエシックス&コンプライアンス研修プログラムでは、その効果を確認するためアンケート調査も実施しています。この結果を分析して、研修の内容が社員のニーズに合致しているかを検証し、研修内容の改善を図っています。

アステラスでは、Integrity in Actionプログラム(Integrity(誠実)を強化するプログラム)を通じて、社員が責任をもって倫理的に行動し、模範を示すことを促しています。研修やコミュニケーションでは、Astellas Wayや患者志向の考え方にも言及し、規程やプロセスとアステラスの使命とのつながりを社員が理解できるよう努めています。

閉じる

倫理・コンプライアンス文化の継続的な強化

アステラスの事業活動の基盤となる倫理・誠実・コンプライアンスを遵守し、これに基づく行動を促進していくためには、リーダーやマネジャーの存在が重要になります。そのため、エシックス&コンプライアンス機能と事業部門が緊密に連携し、リーダーやマネジャーを対象に、倫理・コンプライアンス文化の継続的な維持・強化を図るさまざまな取り組みを展開しています。具体的には、倫理に基づく意思決定をテーマとするワークショップを開催するとともに、倫理的な意思決定を実践するための指針となる実用的なツールを提供しています。このツールは、参加したリーダーやマネジャーのみならず、各チームにおいても活用されています。

閉じる

コンプライアンスリスクの評価

グローバル、地域、国の各レベルにおけるコンプライアンスリスクを評価することは、アステラスのコンプライアンスプログラムに欠かせない要素です。アステラスは、こうした評価を通じて既存・新規のコンプライアンスリスクを早期に発見し、迅速に対応しています。

内部コンプライアンスリスク評価(CRA)の対象としている活動には、医療関係者への支払いなどに関するもの、医薬品の市場参入のための活動、公務員や医療関係者との関わり、贈答や接待などがあります。

アステラスではグローバルで一貫したプロセスに基づくCRAを世界各国で実施しています。CRAは、各国の外部環境リスクと各グループ会社の内部リスクの双方を評価の対象としています。この評価結果を踏まえ、アステラスは現地のマネジメントチームと協議の上でリスク低減策を策定するとともに、それらの低減策の進捗をモニタリングしています。

CRAの結果は、その国のコンプライアンス強化のみならず、地域やグローバルレベルでのリスク傾向の把握にも役立つものです。エシックス&コンプライアンス機能は、評価プロセス全体にわたって事業部門と緊密に連携し、特定したリスクを低減するための計画策定・実行を支援しています。

閉じる

コンプライアンスモニタリング

モニタリングは、あらゆるコンプライアンスプログラムにおいて重要です。アステラスは、多岐にわたる企業活動の中に潜む既存または新規のコンプライアンスリスクやその傾向をモニタリングすることで、顕在化する前に問題を発見するようにしています。

アステラスは、各地域でのモニタリング強化を継続しています。また、これを通じて、コンプライアンスプログラムにとどまらず、経営層の多様なプロセスの改善にかかる意思決定に関しても有益な示唆を与えています。引き続きモニタリングプログラムを評価・改善することで、ステークホルダーの皆さまに有益なモニタリングツールと情報を提供していきます。

閉じる

利益相反規程の理解促進

有効な倫理・コンプライアンスプログラムのもう1つの核となる要素として、会社による利益相反への取り組みが挙げられます。これは、会社が社内での振る舞いをどのように管理するかが、有効で強固な倫理・コンプライアンスプログラムを確立するための基盤となるからです。

利益相反とは、社員の社外活動やその他の個人的利害が、業務上の客観的な判断に悪影響を与えている状態を指します。また、社員とアステラスの利害が潜在的に一致していない場合も含みます。アステラスは、社員に対して、「グローバル利益相反規程」と研修を通し、法律に違反することがなく、また、誰に知られることがなくても、業務を倫理的かつ誠実に遂行することの重要性を伝えています。利益相反に対する基本姿勢を明確にすることで、社外のステークホルダーと関わる場面や法的リスクが存在する状況においても、社員が誠実かつ倫理観をもって対応できるようになるとアステラスは考えています。

また、アステラスでは、グローバル研修などを通じて、社員の利益相反に関する理解を深め、コンプライアンスの向上につなげています。

閉じる

透明性を高める取り組み

製薬会社と医療関係者の医学的・科学的な交流は、効果の高い医薬品を提供するために不可欠であり、世界中の患者さんの健康改善に役立つとアステラスは考えています。医学の発展は、質の高い独立した医学教育と、医療の質を向上させるために策定されたグローバルな取り組みに立脚しています。そこで、アステラスは医療の革新に必要となる情報や専門的知識を医療関係者や患者団体、教育・医療機関などに求め、未対応のニーズに取り組むとともに、医療関係者や患者さんに治療法に関する情報や知識を提供しています。

製薬会社と医療関係者、医療機関、患者団体との関わりに透明性を求める国や公的機関がますます増えています。アステラスでは、事業を展開するすべての国で医療関係者や医療機関との関わりを適切に保つよう努めています。中でも医療関係者や医療機関との金銭的関係の適切な開示は、社内外のステークホルダーに対する説明責任を果たすうえで重要であり、情報開示を担当するチームが世界中のさまざまな事業部門と連携しながら透明性に関する要求事項への対応に努めています。

閉じる