アステラスは、コンプライアンス違反やその疑いのある行為に気づいた社員が、その内容を通報し、対応を相談できるヘルプラインをグローバルに運用しています。ヘルプラインへの通報は社員だけではなく、外部の第三者からも可能です。また、当該国の法律で認められている場合は匿名で通報することもできます。

SpeakUp

アステラスは、グループ行動規準に反する行為やその他法的・倫理的に問題のある行為や慣行、あるいはその疑いがある行為に対し、社員がこのヘルプラインに通報できる企業風土の醸成に力を入れています。その一環としてアステラスでは、通報された内容を調査した結果、根拠不十分と判断された場合でも善意の通報者に対する報復を行うことを固く禁じています。また、グローバルでSpeak Upキャンペーンを実施し、ポスターやコミュニケーション、プレゼンテーションを活用して「Speak Up(声を上げること)」の重要性や社員には通報の義務があることを定期的に伝えています。

アステラスでは、コンプライアンス違反が疑われる事象として報告された内容や関連する調査の情報をグローバルで一元管理し、それらの傾向を分析しています。また、ヘルプラインの統計的な分析結果を、定期的に地域・グローバルコンプライアンス委員会に報告しています。