アステラスは、誠実に行動し、患者さんのことを第一に考え、会社の長期的かつ持続的な成功を重視する倫理的な企業風土を推進しています。  

エシックス&コンプライアンス部門のIntegrity in Actionプログラムは、責任を持つこと、倫理的に行動すること、率先垂範することの重要性を強調しています。このプログラムへの継続的なコミットメントの一環として、研修・コミュニケーションにおいて、Astellas Wayの価値観や患者志向の考え方を定着させ、倫理・コンプライアンスを徹底することが、アステラスの使命を果たす上でいかに重要かを社員に理解させるようにしています。 

SpeakUp

 

アステラスは、「アステラスグループ行動規準」への違反(その疑いを含む)や不適切な行動・慣行を通報したり、不正やその疑いに気づいた場合の対応について相談のできる、社員が声を上げやすい環境の醸成に努めています。通報は社員だけでなく社外の方も行うことができ、通報者は(法令で認められている限りにおいて)匿名を維持することができます。 

またアステラスでは、内部調査の結果、不正が認められなかった場合を含め、懸念やコンプライアンス違反を善意で通報した者への報復行為を固く禁止しています。また、Speak Up(声を上げること)キャンペーンをグローバルに展開し、ビジュアルに工夫を凝らしたオンラインリソース、ポスター、コミュニケーション、プレゼンテーションなどを活用しながら、Speak Up (声を上げること)の重要性や社員の通報義務を定期的に再認識させています。 

コンプライアンス違反に関する通報と内部調査については、一元管理を行っており、これによりコンプライアンスに関わる傾向分析をグローバルに行うことが可能となっています。統計的な分析結果は、グローバルおよび各地域のコンプライアンス委員会に定期的に共有しています。

アステラスの基本的な価値観である誠実さや倫理・コンプライアンスをチーム内で効果的に推進・遵守していくためには、リーダーやマネジャーの存在が重要になります。エシックス&コンプライアンス部門は、ビジネス部門と緊密に連携の上、倫理・コンプライアンスに根差した企業風土の継続的な強化・維持を目的としたさまざまな取組みを展開しています。これには、倫理的な意思決定を支援するリーダー・マネジャー向けのワークショップが含まれ、意思決定に影響する倫理概念についての洞察や、日々の業務において倫理的な判断を行うための助けとなる実用的なツール(リーダーやマネジャーのみならず各チーム内においても活用できる)を提供しています。

Turn the Lights Onプログラムは、内部調査の対象となったさまざまな事例から得た教訓について、社員を巻き込んで議論を深めるというものです。永続性のあるプラットフォームであり、シナリオを用いた社員向けのパネルディスカッションを通して各国や地域のコンプライアンス委員会およびリーダー層を巻き込むほか、組織のあらゆるレベルで対話を促し、内部調査の事例に基づくケーススタディによってコンプライアンスの成熟度とリーダーシップを向上させます。安心して声を上げることのできる環境を築くことで、社員間の信頼および会社に対する信頼が醸成されます。

Business Ethics Practitioner (BEP)プログラムは、(1)企業風土が行動に与える影響について理解を深め、(2)実用性の高い倫理・コンプライアンスの知識をビジネス部門に提供し、(3)心理的に安全で倫理性の高い環境を定義してその整備を促すことにより、社員・リーダーの育成を図るものです。参加者は、このプログラムを通じて、責任と倫理観のある業務の進め方について率先垂範し、他の社員のロールモデルとなることができます。また、潜在的な倫理・コンプライアンスリスクを特定し、それに対処するほか、倫理および法令等に則った適切な意思決定を推進し、社員のSpeak Up(声を上げること)を支援することができるようになります。
患者さんのことを第一に考えながら、イノベーションの実現に資する機動性と誠実性のある意思決定を行うことで、患者さんに継続的に価値をもたらし、成功の土台である信頼が深まっていく、長期的で持続可能な未来を創造していきたいと思います。