ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

株主・個人投資家の皆さまへのリンク

ここから本文です

知ってほしいキーワード

アステラスの誕生

アステラスは、世界の医薬品市場において十分な競争力を有する真のグローバル製薬企業になることを目指して、2005年4月に山之内製薬と藤沢薬品工業が合併して誕生しました。

アンメットメディカルニーズ

有効な治療方法が存在しない、あるいは十分に確立されていない医療ニーズのこと。


新しい基盤技術への取り組み(再生医療など)

アステラスは創薬基盤技術の研究開発にも挑戦しています。再生医療への取り組みでは、これまで取り組んできた再生医療の研究開発に加えて、今後は細胞医療の研究開発にも本格的な取り組みを進めていきます。

新薬開発

ひとつの新薬ができるまでには、10年以上の年月をかけて、その有効性や安全性などが確認された後、国の承認を受けてはじめて患者さんのもとに届けることができます。
アステラスは、今後も新薬にこだわり続け、世界中の患者さんの健康に貢献していきます。

がん領域

がん領域を泌尿器疾患、移植に次ぐ、第3の柱にするために積極的に取り組んでいます。
2010年にはがんを専門とする米国の医薬品企業を買収するなど、がん領域の事業基盤の強化を図ってきました。前立腺がん治療剤が牽引し、がん領域の売上は現在大きく拡大しています。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報