ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

高血圧

運動について

質問
血圧を下げるために運動をするようにいわれましたが、運動すると脈が速くなり、血圧も上がるように思います。それでも運動は血圧に良いのでしょうか?
回答
適度な強さの運動であれば、運動中に血圧が上がる程度はわずかですし、運動を続けることで、ふだんの血圧は下がります。

運動中には、確かに血圧は高く脈は速くなりますが、適度な強さの運動であれば、運動中の血圧の上昇は10mmHgくらいなので、心配する必要はありません。こうした運動を続けると、さまざまなメカニズムを介してふだんの血圧は下がっていくことが分かっています。

大切なのは運動の強さを守ることです。目安として「楽にできる」ないし「ややつらい」と感じるくらいの運動、少し汗ばむくらいで、人と会話しながら続けられるくらいの運動を行いましょう。

運動している時の脈を測って、「1分間の脈の数=138-年齢÷2」くらいになるのが適度な強さです。これより強い運動や、息をとめて一気に力を入れたり、苦しいのを我慢して行ったりする運動をすると、運動中の血圧が高くなりすぎて危険ですから、高血圧の人は、こうした運動は避けなくてはなりません。

高血圧 Q&Aカテゴリ


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報