ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

高血圧

高血圧の症状・検査値について

質問
病院で測った血圧は高かったのですが、家で測り直したら随分低くなっていました。どちらが正しい血圧なのでしょうか?
回答
病院・診療所で測る血圧(診察室血圧)も、家で測る血圧(家庭血圧)も、どちらも正しい血圧です。基準値内におさまるように、しっかりコントロールしましょう。

診察室血圧と家庭血圧の値が違うことはよくあり、家庭血圧が高くないのに診察室血圧が高い方は「白衣高血圧」と呼ばれます。白衣高血圧の害は、よく分かっていませんが、脳卒中と関係するかもしれないという研究結果もあります。逆に家庭血圧が高く診察室血圧が高くないこともあり(仮面高血圧)、この場合は、脳卒中や心筋梗塞などを起こしやすいことが分かっています。こうしたことから、現在の高血圧の治療指針では、合併症のない成人で診察室血圧140/90mmHg、家庭血圧135/85mmHg、24時間自由行動下血圧130/80mmHgという目安を示し、いずれかが高ければ高血圧と診断して治療することが勧められています。
診察室血圧と家庭血圧の間に診断の差がある場合、家庭血圧による診断を優先させるため、家庭血圧の正しい測定のしかたを医師に指導してもらい、家庭で測った血圧を記録して医師に伝えることで、治療をより良くしていくことができます。

高血圧 Q&Aカテゴリ


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報