ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

糖尿病

症状について

質問
糖尿病の自覚症状にはどのようなものがありますか?
回答
糖尿病とは、血糖値の高い状態が続き、全身のさまざまな臓器に影響が起こる病気です。高血糖の状態が長く続くと「疲れやすい、だるい」「尿の量や回数が多くなる」「のどが異常に渇き、水分を多くとるようになる」「体重が急激に減る」などの症状が現れますが、糖尿病は、初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。

さらに病気が進むと、合併症の症状(目のかすみ、視力障害、手足のしびれや痛み、むくみ、タンパク尿など)が現れるようになります。
しかし、糖尿病と診断されても10年以上自覚症状が出ないままということも少なくありません。そのため、自覚症状があるかないかで、糖尿病の状態を知ることはできません。
ですから、症状がまったくなくても、健康診断などで定期的に検査を受けて糖尿病になっていないかを確認することが大切です。また糖尿病と診断されたら、症状がなくてもきちんと治療に取り組みましょう。

糖尿病 Q&Aカテゴリ


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報