ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

インフルエンザ

インフルエンザという病気について

質問
かぜとインフルエンザはどう違うのですか?
回答
症状の重さと合併症のリスクならびに感染力の強さから、インフルエンザはかぜと区別して考えられています。

「かぜ」は、さまざまな種類の病原体(ウイルスなど)が、鼻やのど・気管などに感染して起こる病気の総称で、正確には「かぜ症候群」と呼ばれています。8縲?9割のかぜはウイルスが関係していますが、一般的に発熱はインフルエンザほど高くなく、全身症状も比較的軽症です。
一方、インフルエンザは「インフルエンザウイルス」という感染力の非常に強いウイルスが原因で起こります。一般に発熱や全身倦怠感・筋肉痛など、症状がとても強いこと、全身に感染して、肺炎や脳症などの重い合併症を引き起こして死に至らしめることもあること、職場での流行や学級閉鎖など社会的影響も大きいことなどから、かぜとは区別すべき重要な病気と考えられています。

インフルエンザ Q&Aカテゴリ


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報