ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

インフルエンザ

インフルエンザワクチン・予防について

質問
インフルエンザワクチンはいつ頃接種したらよいでしょうか?
回答
通常、インフルエンザの流行が始まる前の12月中旬頃までに接種するとよいでしょう。

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が現れるまで、通常2週間ほどかかります。また、効果が持続するのは約半年程度と言われています。通常日本では、毎年11月下旬から12月上旬にインフルエンザのシーズンが始まり、1縲?3月にピークを迎えますので、予防接種は一般的に12月中旬頃までに受けたほうがよいでしょう。

なお、6カ月以上13歳未満はおよそ2縲?4週間(免疫効果を考慮すると4週間あけることが望ましい)の間隔をおいて2回接種をしますが、2回目の接種が12月中旬頃までに済むように計画するとよいでしょう。

インフルエンザ Q&Aカテゴリ


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報