ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

不眠症

薬について

質問
睡眠薬と睡眠導入薬と安定剤はどう違うのですか?
回答
睡眠薬の中でも作用時間の短いものが一般的には「睡眠導入薬」と呼ばれます。また、ベンゾジアゼピン系の薬は催眠作用の強いものと抗不安作用の強いものがありますが、後者が比較的強いものが「安定剤」と呼ばれます。

現在よく使われる睡眠薬・睡眠導入薬は、主にベンゾジアゼピンという骨格をもっている薬か、あるいは、ベンゾジアゼピンと同じ働きをするように作られた薬です。強さは薬によって違いますが(1)鎮静催眠作用(穏やかに眠りを誘う)、(2)精神安定(抗不安)作用(不安を和らげ精神を安定させる)など共通した作用をもっており、(1)の作用が強い薬が睡眠薬や睡眠導入薬として主に使われ、(2)の作用が強い薬が安定剤として使われます。睡眠導入薬は睡眠薬の中で作用する時間が短いものを言い、主に寝つきが悪い人に使われますが、睡眠薬と同様に「夜中に目が覚めてしまう」「朝早く目が覚める」「ぐっすり寝た気がしない」といった不眠の症状にも効果があります。

不眠症 Q&Aカテゴリ


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報