ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

アトピー性皮膚炎

保湿に関連するアトピー性皮膚炎の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は6箇所あります。

基礎知識2.なぜ起こる?

健康な皮膚では、皮膚の表面の角質層に十分な量の保湿成分や油分(セラミドなど)を持っていて皮膚のバリアができ、体内の水分が出ていったり、外からさまざまな物質が侵入するのを防いでいます。
一方、アトピー性…

基礎知識6.治療の種類

2縲怩R日おきに塗り薬を使ったり、炎症の再発を予防するためにスキンケアを行う必要があります。
入浴やシャワーで皮膚を清潔に保ち、入浴後には保湿薬を塗り、皮膚から洗い流された皮脂膜を補います。…

予備知識 バリア機能

さまざまな外からの有害物質が皮膚の中に侵入しようとするのを防ぐ働きをしています。角質層では、角質細胞の中のアミノ酸や尿素からなる保湿効果のある成分と、角質細胞同士をつなぐ脂質の主成分であるセラミドが水…

予備知識 スキンケア

アトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚は乾燥し、バリア機能が低下しているので、きちんと保湿することが必要です。また、皮膚には、皮脂や汚れ、ブドウ球菌などの細菌などが付いています。これらを放っておくと、させた…

予備知識 スキンケア

ドライスキンでは皮脂や角質層の中の天然保湿因子やセラミドが普通の方より少ないので、皮脂の代わりになる保湿薬や、角質層の水分保持の働きを補強する保湿薬を皮膚に塗ります。保湿薬には次のようなものがあります…

予備知識 スキンケア

○その他…ジメチルイソプロピルアズレン軟膏(抗菌作用+保湿性)、亜鉛華軟膏(消炎作用と皮膚の保護作用)
○医薬部外品…市販の保湿薬の中には、セラミドやセラミドに似た成分を含む軟膏やクリームが多くありま…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報