ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

アトピー性皮膚炎

検査に関連するアトピー性皮膚炎の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は5箇所あります。

基礎知識2.なぜ起こる?

代表的なものは、卵、牛乳、小麦や大豆です。3歳以降は食物の影響はほとんどなくなり、ダニや花粉の影響が大きくなると考えられます。
自分がどんなものに対してアレルギーを持っているかは、検査で調べることがで…

基礎知識6.治療の種類

また明らかに「これを食べると皮膚炎の症状が悪化した」とわかる食物については食事からできるだけ取り除くようにしますが、原因の確定には、専門の医師による注意深い検査が必要です。自己判断で安易に食物を制限し…

予備知識 医師が行うアレルギー的因子の検査

皮膚の炎症を起こさせる原因物質(アレルギー的因子)があります。
アレルギー的因子を特定するには、専門の医師が慎重に検査する必要があります。とくに食物に関しては自己判断で安易に制限したりしないようにしま…

予備知識 医師が行うアレルギー的因子の検査

○血液検査…アレルギー的因子を見つけるための検査のひとつにIgEラスト法という血液検査があります。候補物質に対して「陽性」か「陰性」かについて調べます(ただし、この検査で陽性でもアトピー性皮膚炎の症状…

予備知識 医師が行うアレルギー的因子の検査

○皮膚検査…スクラッチテスト(針で少しだけ皮膚をひっかく)とパッチテスト(皮膚に貼る)があります。どちらも皮膚に候補物質をつけて反応をみる検査です。
○皮内検査…候補物質を皮膚に注射して反応をみます。…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報