ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

アトピー性皮膚炎

ステロイドに関連するアトピー性皮膚炎の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は6箇所あります。

基礎知識4.なぜ治療が必要か

こうしたことは、医師の指示に従ってステロイドの塗り薬やステロイド以外の免疫抑制薬の塗り薬を適切に使ったり、スキンケアを上手に行えば、多くの人で実現できるのです。
また、アトピー性皮膚炎は決して治らない…

基礎知識6.治療の種類

現在、アトピー性皮膚炎治療の外用薬としては、ステロイドの塗り薬とステロイド以外の免疫抑制薬の塗り薬(以下、免疫抑制外用薬)があります。この2種は、効果や安全性が科学的に評価されており、日本皮膚科学会で…

基礎知識6.治療の種類

ステロイドの塗り薬には、「最強」「とても強い」「強い」「弱め(ミディアム)」「弱い」という5段階のランクがあり、それぞれの皮膚の症状の種類や重症度の重症度?どんな病気)、炎症が起きている場所、患者さん…

基礎知識6.治療の種類

一般に、症状が悪化した時は、ステロイドの塗り薬を1日2回塗って早く軽快させ、1日1回の使用に切り替えるか、免疫抑制外用薬に変更したりします。
免疫抑制外用薬はステロイドと作用機序の異なる抗炎症薬で、ス…

基礎知識7.薬はどのように働くか

ステロイドの塗り薬は、この副腎皮質ステロイドホルモンの化学構造をもとに作られた薬で、炎症を強く抑える作用をもっています。ステロイド薬には飲み薬と塗り薬がありますが、アトピー性皮膚炎の治療で使われるのは…

基礎知識7.薬はどのように働くか

ステロイド薬は免疫や炎症を抑える以外に、さまざまな細胞に働いて、細胞の増殖を抑える作用などももち、これが副作用の原因になることがあります。免疫抑制外用薬は、過剰な免疫反応を特異的に抑えるため、皮膚を傷…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報