ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

アトピー性皮膚炎

かゆみに関連するアトピー性皮膚炎の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は6箇所あります。

基礎知識2.なぜ起こる?

アトピー性皮膚炎の人が薬や化粧品、金属などにかぶれやすいのも、このためです。少しの刺激でかゆみが出るので、そこを掻いてしまい、掻くことでバリア機能がさらに破壊され、刺激物がますます侵入しやすくなり、…

基礎知識6.治療の種類

どちらの塗り薬を使うか、どう組み合わせて使うかは、医師がそれぞれの皮膚の状態をよくみて判断します。
他に、かゆみを抑えるために、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を補助的に内服することがあります。…

基礎知識7.薬はどのように働くか

免疫抑制外用薬は、過剰な免疫反応を特異的に抑えるため、皮膚を傷める可能性がほとんどないことが特徴です。また、アトピー性皮膚炎特有のかゆみを抑える効果もあることから、長期のコントロールに適しています。…

基礎知識7.薬はどのように働くか

かゆみを抑えるために、かゆみの症状のある期間に飲みます。ヒスタミンは皮膚でかゆみや炎症を引き起こしますが、抗ヒスタミン薬はヒスタミンによるアレルギー反応を抑えます。薬によっては副作用として、眠くなるこ…

基礎知識8.生活の中で心がけること

●刺激の少ない衣服を着ましょう
ウールやアンゴラなど、ちくちくする繊維はかゆみを誘発することがあります。特に下着の素材には注意が必要です。手首、首、わき、ウエスト、足首などは衣類の刺激を受けやすい部位…

予備知識 スキンケア

よく泡立てて、やさしく洗い、よくすすぎます。強くこすらないように注意しましょう。体が温まるとかゆみを引き起こしやすいので、高い温度のお湯は避けます。皮膚を清潔にした後はすぐに保湿することが大切です。…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報