ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

NSAIDに関連する胃潰瘍・十二指腸潰瘍の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は3箇所あります。

基礎知識1.どんな病気?

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID:エヌセイド)などにより、この防御機構が傷害されて粘膜が傷つき、そこが胃液の攻撃にさらされることで、胃や十二指腸の粘膜や組織の一部が…

基礎知識2.なぜ起こる?

解熱、鎮痛、炎症を抑えることなどを目的に使われている非ステロイド性抗炎症薬(NSAID:エヌセイド)により、胃潰瘍・十二指腸潰瘍になることがあります。
非ステロイド性抗炎症薬による胃潰瘍は、痛みなど…

予備知識 維持療法

◆維持療法とは
ピロリ菌の除菌が成功しなかった時、除菌治療を行えなかった時、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を使う必要がある時などは、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因自体が除かれていないため、薬による治…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報