ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

H2ブロッカーに関連する胃潰瘍・十二指腸潰瘍の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は5箇所あります。

基礎知識7.薬はどのように働くか

◆ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)(ファモチジン、シメチジン、ラニチジン、ロキサチジン、ニザチジン、ラフチジン)
胃の分泌腺にある壁細胞には、ヒスタミンという物質が結合すると胃酸が分泌され…

基礎知識8.生活の中で心がけること

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療薬のひとつ、ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)は市販されています。しかし市販薬と、医師が処方する薬とでは、その主成分の含有量が異なるものもあり、効果が異なるため、胃…

予備知識 維持療法

維持療法で最も一般的な方法は、ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)を飲み続ける方法です。服用量は、潰瘍の治療で使用する量の半分にするのが一般的です。
維持療法では、腹部の痛みや吐き気などの自覚…

予備知識 pH(ペーハー)

ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)、プロトンポンプ阻害剤(PPI)は、強力に胃酸の分泌を抑えて、空腹時の胃内のpHを5縲?6くらいまで高めます。制酸薬は、それ自体がアルカリ性であり胃酸を中和す…

予備知識 解熱鎮痛薬と胃の障害

内視鏡検査で胃潰瘍が認められた時には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を中止して、胃酸の分泌を抑えるヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)などで治療します。非…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報