ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

ピロリ菌に関連する胃潰瘍・十二指腸潰瘍の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は5箇所あります。

基礎知識4.なぜ治療が必要か

ピロリ菌が関係しない胃潰瘍・十二指腸潰瘍や、ピロリ菌の除菌が成功しなかった時、除菌治療を行えなかった場合には、まず、潰瘍を完全に治し症状をなくす治療が必要です。その後は、再発を防ぐための治療を行うこと…

基礎知識1.どんな病気?

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID:エヌセイド)などにより、この防御機構が傷害されて粘膜が傷つき、そこが胃液の攻撃にさらされることで、胃や十二指腸の粘膜や組織の一部が…

基礎知識2.なぜ起こる?

以前は、強い酸性の胃の中には、細菌は生息できないと考えられていました。しかし、ヘリコバクター・ピロリ菌という胃粘膜に生息する細菌が存在すること、さらに十二指腸潰瘍患者の90%以上、胃潰瘍患者の70縲?…

基礎知識3.検査・症状の意味

ピロリ菌検査
胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療方針を決めるために欠かせない検査です。方法は大きく分けて2種類あります。ひとつは内視鏡検査の時に胃粘膜組織を採取し、それを調べる方法です。
もうひとつは血液、尿…

基礎知識7.薬はどのように働くか

ピロリ菌の除菌に使用される薬
感染症に使われている2種類の抗菌薬(アモキシシリン、クラリスロマイシン)を、通常使われる量よりも多く飲みます。この2種類の薬だけではピロリ菌を除くことは難しいのですが、プ…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報