ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

糖尿病

インスリンに関連する糖尿病の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は6箇所あります。

基礎知識1.どんな病気?

この血糖値は、体の中の「インスリン」というホルモンの作用で、ほぼ一定の値に保たれています。この血糖を調節する仕組みがうまく働かなくなり、血糖値が高い状態(高血糖状態)が続くようになって…

基礎知識1.どんな病気?

インスリンを作るすい臓のランゲルハンス島が働かず、インスリンが全く(またはごくわずかしか)作られなくなっているタイプの糖尿病です。原因ははっきり分かっていませんが、ウイルス感染などをき…

基礎知識2.なぜ起こる?

インスリンは、すい臓のランゲルハンス島というところで作られるホルモンで、食事をして血糖値が高くなれば、すい臓から多く分泌され、ブドウ糖が、グリコーゲンや脂肪として、肝臓や脂肪組織に蓄えられるように指令…

予備知識 境界型

境界型は、インスリンの分泌が足りないか、インスリン抵抗性があることによって、血糖のコントロールが完全な健康状態でなくなったことの現れです。…

予備知識 食後高血糖

食事をとり、糖分が吸収されると血糖値は上昇しますが、それに反応して分泌されるインスリンの働きによって、血糖値はすぐに下がります。しかし食事に反応したインスリンの分泌が足りなかったり分泌されるタイミング…

基礎知識7.薬はどのように働くか

インスリン製剤
すい臓で作られるインスリンの量が十分でない場合に使用します。インスリンがほとんど作られない1型糖尿病では欠かすことのできない薬で、2型糖尿病でも、すい臓のインスリンを作る機能が衰えて…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報