ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

肺炎

高齢者に関連する肺炎の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は4箇所あります。

基礎知識1.どんな病気?

肺炎は、がん、心臓病、脳卒中に続いて、日本人の死亡原因の第4位になっている病気です。高齢者や慢性の病気を持っている方などは、特に肺炎にかかりやすく治りにくい傾向があるので、予防や早めの治療が重要です。…

基礎知識3.症状と検査

以下のような症状が1週間以上続いた場合は肺炎の疑いが出てきます。
ただし高齢者の場合は、肺炎になっていてもこれらの症状が出ず、元気がなかったり食欲がないだけのこともあるので、注意が必要です。…

基礎知識4.なぜ治療が必要か

また、高齢者の方や慢性の病気を持っている方、呼吸器系の病気を持っている方などは健康な方に比べて肺炎になりやすく、治りにくい傾向があるので、特に注意が必要です。肺炎は、日本人の死亡原因の第4位であり、…

基礎知識8.生活の中で心がけること

高齢者は、肺炎の症状が出にくく、気づくのが遅れることがあります。家族に高齢の方がいる場合は、食欲がない、元気がないなど、ふだんと違う様子がないか、日頃から注意しておきましょう。…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報