ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

肺炎

呼吸器に関連する肺炎の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は4箇所あります。

基礎知識2.肺炎はなぜ起こる?

私たちが呼吸をするとき、空気はまず鼻から入り、のど、気管、そして左右に分かれる気管支を通って、肺に入ります。これらの、呼吸に関わる器官をまとめて「呼吸器」と呼びます。…

基礎知識2.肺炎はなぜ起こる?

呼吸器には、空気と一緒にウイルスや細菌などの病原微生物が入ってくると、それらをさまざまな仕組みで排除し、身体を守る機能が備わっています。
まず、鼻毛や鼻の粘膜、のどの粘膜で大きな粒子をとらえます。そこ…

基礎知識5.他の病気との関係

慢性気管支炎、気管支ぜんそく、肺気腫、肺線維症などの慢性の呼吸器の病気を持っている方は、気道や肺に病原微生物が感染しやすくなっているため、肺炎を併発しやすくなります。また、肺炎になると、呼吸困難になる…

基礎知識4.なぜ治療が必要か

また、高齢者の方や慢性の病気を持っている方、呼吸器系の病気を持っている方などは健康な方に比べて肺炎になりやすく、治りにくい傾向があるので、特に注意が必要です。
肺炎は、日本人の死亡原因の第4位であり、…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報