ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

変形性関節症

軟骨に関連する変形性関節症の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は5箇所あります。

基礎知識1.どんな病気?

骨と骨との間に有って、クッションの役割や滑らかな動きを可能にしている組織が軟骨です。変形性関節症では、その軟骨がすり減って、滑らかな動きができなくなり、大きな摩擦を生じるようになります。この状態では、…

基礎知識2.なぜ起こる?

関節は、骨と骨とがつなぎ合わされた部分で、骨の端にはクッションの役割と関節の表面を滑りやすく保つ役割を果たす軟骨があります。この二つの役割は関節の痛みのないスムースな動きに必要なものです。
関節は関節…

基礎知識7.薬はどのように働くか

ヒアルロン酸は関節液に含まれる成分で、関節の潤滑油として働いたり、軟骨に栄養を与える働きをします。このヒアルロン酸を関節液に直接注入することで、軟骨を保護して炎症を抑えたり、関節の動きを滑らかにする効…

基礎知識9.治療の継続と終わり

一度変形してしまった軟骨や骨を元に戻すことはできませんが、適切な治療を続けることで、関節の良い状態を保ち、痛みや腫れなどのつらい症状をやわらげることができます。症状が良くなれば、日常生活で関節の動く範…

基礎知識3.検査・症状の意味

軟骨がすり減ったり、骨が変形したりすると、骨と骨がぶつかって滑膜に炎症が起こったり、関節の周りの筋肉や腱などに炎症が起こって痛みを感じます。
痛みが起こりやすいのは、関節に負荷がかかった時や、関節を動…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報