ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

変形性関節症

関節液に関連する変形性関節症の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は5箇所あります。

基礎知識1.どんな病気?

壊れた軟骨などの組織のかけらによって関節の内側にある滑膜に炎症が起こったり、ときには水(関節液)が溜まって、腫れ上がることもあります。変形性関節症は、関節に痛みや腫れが起こる病気です。この病気では骨に…

基礎知識2.なぜ起こる?

関節は関節包という袋に包まれていて、その内張に滑膜という膜があります。この滑膜から分泌される関節液が潤滑油として働くことによって、関節はさらになめらかに動けるようにできています。また関節液は、軟骨に栄…

基礎知識3.検査・症状の意味

滑膜に炎症が起こると、関節液が異常にたくさんたまって腫れが起こります。このときの関節液は、本来もつ粘り気が失われています。一般的に「関節に水が溜まった」といわれるのがこの状態で、変形性膝関節症などによ…

基礎知識3.検査・症状の意味

関節液がたまって腫れや痛みが出ているような場合には、関節液を抜いて検査を行うこともあります。関節液の量や色、にごり具合、混ざっている物などをみることで、関節の状態の確認や、他の病気と区別に用いられるこ…

基礎知識10.主治医とのやりとり

関節液に含まれるヒアルロン酸や、軟骨の材料となるグルコサミンなどを含んだサプリメントが数多く市販されていますが、なかには信頼性の低いものや、高価すぎるものもあるようです。サプリメントを使う時には、一度…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報