ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

不眠症

トイレに関連する不眠症の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は5箇所あります。

基礎知識5.他の病気との関係

一日に何度もトイレに行くといった頻尿のある人では、夜トイレに行った後、再び眠れないと悩んでいる方もいます。尿意の原因としては、膀胱が過敏で、膀胱に尿がたくさん貯まっていなくても尿意を感じる場合(過活動…

基礎知識5.他の病気との関係

場合などがあります。このように尿意で目が覚めやすい、あるいはトイレに行ったあと寝つけないという問題は不眠症の原因の1つです。また、お年寄りは眠りが浅くなっているので、わずかな尿意でも目が覚めてしまうこ…

基礎知識6.治療の種類

カフェインやニコチンには、眠りを妨げる作用があります。また、カフェインには利尿作用もあり、トイレが近くなるので、中途覚醒の原因にもなります。就床前約4時間はカフェインを摂らないように、就床前約1時間の…

予備知識 睡眠薬の副作用

睡眠薬が効いている場合、夜、トイレに起きた時などに、身体に力が入らず、脱力してふらつくことがあります。理由は、一部の睡眠薬には、催眠作用の他に筋肉の緊張をほぐす効果(筋弛緩作用)もあるからです。転倒し…

予備知識 お年寄りに多い睡眠障害

また、お年寄りでは他の病気が原因の不眠もよくみられます。夜中、たびたびトイレに起き(頻尿)、そのあと寝つけないことがあります。咳や関節リウマチ、腰痛、背部痛による痛みが眠りを妨げることもあります。
不…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報