ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

不眠症

アルコールに関連する不眠症の基礎知識

このキーワードに関連する基礎知識は6箇所あります。

基礎知識2.なぜ起こる?

カフェインやアルコールなど嗜好品に含まれる成分や、治療のため飲んでいる薬が原因で起こる不眠です。アレルギーの薬やかぜ薬、降圧薬、ステロイド薬、経口避妊薬、抗がん剤、インターフェロンなど、不眠を引き起こ…

基礎知識6.治療の種類

例えば、寝つきが悪いからと寝る直前にアルコールを摂ることは、かえって眠りが浅くなり、夜中に目が覚めてその後眠れなくなることが多いのでよくありません。また、眠る時間を確保しようとむやみに早く床についても…

基礎知識6.治療の種類

寝酒としてアルコールを飲む人がいますが、アルコールは睡眠の後半では眠りを浅くし、中途覚醒や早朝覚醒を起こし、その後眠れなくなることが多いのです。また、睡眠薬代わりに飲むと次第に量が増えていったりします…

基礎知識6.治療の種類

(3)アルコールと一緒に飲まない…睡眠薬をお酒と一緒に飲むと、激しい脱力やふらつきが出たり、異常な行動をしたり、記憶が抜けたりすることがあります。危険ですので、絶対に避けてください。
(4)途中で起きなく…

予備知識 睡眠薬の副作用

薬を飲んだあとはできるだけ早く床に入るようにし、家事などの作業はしないようにします。とくにアルコールと一緒に睡眠薬を飲むと起こりやすい現象ですので、アルコールと睡眠薬は絶対に一緒に飲んではいけません。…

予備知識 睡眠薬の副作用

最近は、筋弛緩作用の少ない睡眠薬もありますので、ふらつきを感じたら医師に相談するようにします。この作用もアルコールと一緒に飲むと現れやすい副作用です(アルコールと睡眠薬は絶対に一緒に飲んではいけません…


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報