ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌や非ステロイド性抗炎症薬、胃酸などによって、胃や十二指腸の粘膜が傷つけられ、粘膜や組織の一部がなくなる病気です。上腹部の痛みや胸やけ、膨満感などの症状が起こります。胃潰瘍・十二指腸潰瘍の多くは、薬などで治すことができますので、早めにしっかりと治療することが大切です。

受診していない方へ

胃や食道などに起こるさまざまな不快な症状から、関連する代表的な病気をご紹介します。

気になる症状がある、もしくは健康診断の結果に不安があるものの受診していない方へ。

知っておきたい予備知識

胃潰瘍・十二指腸潰瘍をもっと理解するために、知っておきたい胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予備知識をご紹介します。

病気のことをもっと知る

胃や食道などに起こるさまざまな不快な症状から、関連する代表的な病気をご紹介します。

監修医

杏林大学医学部第三内科学教室 教授
高橋 信一 先生

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報