ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は多くの場合、薬によって治すことができますが、胃に負担をかけない食生活やストレス対策、禁煙は、症状を再発させないために、また健康な生活を維持するために大切なことです。

胃に負担をかけない食生活を心がけましょう

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療中でも、出血がある場合や潰瘍が深い場合を除けば、絶食などの食事制限は必要ありません。胃の負担を減らすよう健康的な食生活を心がけるようにしましょう。

規則正しく、適量を食べる

胃に負担をかけないために、1日3食、規則正しく食事をとり、暴飲暴食を控えましょう。

脂肪分、タンパク質の多い食事をとり過ぎない

脂肪分、タンパク質の多い食事は、胸やけなどの原因になります。一度にたくさんとり過ぎないようにしましょう。

香辛料の強い食事に注意する

香辛料の強い食事は、胃酸の分泌を刺激します。極端に辛い食事はとらないようにしましょう。

ストレスをためないようにしましょう

挿絵 ストレスをためこまない生活を心がけましょう。自分なりのストレス解消法を見つけ、上手にストレスを解消する生活を心がけましょう。

禁煙しましょう

挿絵 喫煙はさまざまな病気に悪い影響があります。禁煙をしましょう。1人で禁煙を行う自信がない方は、医師が禁煙の指導をしてくれる禁煙外来などに相談してみても良いでしょう。

市販薬は医師や薬剤師に相談しましょう

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療薬のひとつ、ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)は市販されています。しかし市販薬と、医師が処方する薬とでは、その主成分の含有量が異なるものもあり、効果が異なるため、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療では、医師の処方した薬を、決められた期間、決められた量を飲み続けることが必要です。胃潰瘍・十二指腸潰瘍と診断されている方は、自分の判断で、市販のヒスタミンH2受容体拮抗薬やその他の胃薬などを飲むことは避けましょう。

市販の風邪薬には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)など潰瘍の原因となる成分が含まれている場合があります。よく確認して、心配ならば医師や薬剤師に相談してから飲むようにしましょう。

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報