ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

7.薬の働き

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の薬は、ピロリ菌を除菌する薬、攻撃因子を弱める薬、防御因子を強める薬に分けられます。

挿絵 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療に使われる薬には、ピロリ菌の除菌に使用される抗菌薬、胃酸の分泌を抑えたり胃酸を中和したりして粘膜への胃酸の攻撃を弱める薬、胃粘膜の防御機構を強める薬があります。

ピロリ菌の除菌に使用される薬

感染症に使われている2種類の抗菌薬を、通常使われる量よりも多く飲みます。この2種類の薬だけではピロリ菌を除くことは難しいのですが、プロトンポンプ阻害薬と組み合わせることで、薬が菌に働きやすくなり、高い割合で除菌できるようになりました。副作用として下痢や腹痛、発疹などが起こることがあります。

これらの3種類の薬で除菌ができなかった場合には、2種類の抗菌薬のうちの1種類を別の抗菌薬に替えて、再度、除菌治療を行うことができます。

胃酸を減らす薬、中和する薬

胃に少しでも傷ができてしまうと、少しの胃酸の刺激でも潰瘍が悪化してしまいます。そこで、胃酸の出過ぎを抑える薬や、胃酸を中和する薬によって、粘膜にできた傷の治りを早め、潰瘍を治すことができます。

ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)

胃の分泌腺にある壁細胞には、ヒスタミンという物質が結合すると胃酸が分泌されるH2受容体という部分があります。ヒスタミンは、胃酸を出す命令の中で最も強いものです。この薬は、ヒスタミンがH2受容体に結合するのを防ぐことによって、胃酸の分泌を抑えます。以前は、医師に処方してもらう薬しかありませんでしたが、一部の薬は薬局でも購入することができます。しかし医師が処方する薬とは主成分の含有量が違うものもあり、効果は異なります。市販のヒスタミンH2受容体拮抗薬については3日間飲んでも症状が良くならない場合には、医師または薬剤師に相談することとされています。

発疹、便秘、下痢、口の渇き、食欲不振などの副作用が起こることがあります。

胃酸を抑える薬の作用点

胃酸を抑える薬の作用点の図 拡大する

プロトンポンプ阻害薬(PPI)

胃の壁細胞には、最終的に胃酸を分泌するプロトンポンプという部分があります。この薬は、そのプロトンポンプの働きを妨げ、強力に胃酸の分泌を抑えます。薬を飲む期間は、胃潰瘍で8週間、十二指腸潰瘍では6週間と決まっています。また、この薬はピロリ菌の除菌療法でも、抗菌薬とともに使用されます。

発疹や肝障害などの副作用が起こることがあります。

抗コリン薬

胃酸を分泌させるように働く神経の働きをさえぎったり、胃酸を分泌させるガストリンというホルモンの働きを抑えたりして、胃酸の分泌を抑えます。また、消化管の過剰な働きを抑え、痛みを和らげる効果もあります。胃酸分泌を抑える効果は、プロトンポンプ阻害薬やヒスタミンH2受容体拮抗薬よりもゆるやかです。

口の渇き、動悸、排尿障害などの副作用が起こることがあります。

制酸薬

炭酸水素ナトリウムや酸化マグネシウムなどを成分とするアルカリ性の薬で、胃酸を中和します。即効性はありますが、薬の効いている時間が短いのが難点です。

便秘や下痢などの副作用が起こることがあります。

防御因子増強薬

胃の防御因子を強める薬には、さまざまな種類があります。しかし、胃酸の分泌を抑制する薬(ヒスタミンH2受容体拮抗薬、プロトンポンプ阻害薬)を上回る効果を持つものはないため、ヒスタミンH2受容体拮抗薬やプロトンポンプ阻害薬と一緒に使われることが一般的です。

プロスタグランジン製剤

胃粘膜を保護したり、粘液の分泌を増加させたりする働きがあるプロスタグランジンを増やす薬です。非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)が原因の潰瘍に使うことができます。

下痢や腹痛などの副作用が起こる事があります。また、子宮を収縮させる作用があるため、妊娠している女性が飲むことは禁止されています。

その他の防御因子増強薬

胃粘膜の働きを強める、粘液を増やす、胃粘膜の血流を増やすなどの作用を持つ、さまざまな薬があります。

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報