ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

絵で見る関節リウマチ

治療の目的

  1. 1. 関節破壊の進行を防止する。
  2. 2. リウマチの炎症を抑える。
  3. 3. 身体機能を高め、生活の質(QOL)を向上させる。

治療の概要

これまでのリウマチの治療は、関節炎によって起こる痛みを軽くしたり、機能障害を軽くすることなどに主眼が置かれていました。しかし最近では、抗リウマチ薬(DMARD)や生物学的製剤などの有効性の高い薬剤が開発されたために、関節破壊の進行を止めたり、未然に防ぐことができるようになってきました。

このためには、まずリウマチをできるだけ早く診断することがまず大切です。診断後は、早期から積極的に抗リウマチ薬(DMARD)を使用して関節炎のコントロールを図ります。それでも不十分な場合には、生物学的製剤を併用します。このような早期からの積極的な治療によってリウマチの症状を完全になくし、関節破壊を抑えることが治療の基本です。

薬剤による治療

リウマチの症状や程度は患者さんごとに異なります。このため、どの薬をどの順番で使うかも患者さんごとに違います。副作用も薬ごとに違うので、主治医・薬剤師の指示を守って正しく使用してください。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)

痛みや炎症を抑えるための薬剤です。

特徴:
痛みや炎症を軽くしますが、リウマチの進行を抑えることはできません。このため、抗リウマチ薬と組み合わせて使われます。症状や合併症の有無を考慮し、それぞれの患者さんに合ったものが使われます。
注意点:
主な副作用は胃炎や胃潰瘍などの消化管障害です。医師・薬剤師の指示を守って服用しましょう。

ステロイド薬

正式には副腎皮質ステロイド薬と呼ばれ、強い抗炎症作用と免疫抑制作用を持っています。

特徴:
炎症を迅速にかつ強力に抑えることから、リウマチの治療にも使われます。しかし、ステロイド薬のみでは関節破壊を完全に抑えることはできないので、抗リウマチ薬と一緒に使われます。
注意点:
長期に使用すると、たとえ少量でも感染症、骨粗鬆症、糖尿病、動脈硬化などの副作用を起こすことがあるため、できるだけ短期的にかつ少量を使うのが原則です。医師・薬剤師の指示を守って服用しましょう。

抗リウマチ薬(DMARDs)

免疫の異常を改善し、関節炎の進行を抑えます。

特徴:
使い出してから効果が出るまでに少なくとも1ヶ月前後は掛かります。このため、当初は非ステロイド系抗炎症薬やステロイド薬と一緒に使うことがあります。最近では、比較的作用の強い薬剤を早期から積極的に使用する傾向にあり、その効果と副作用を定期的にモニターすることが大切です。
注意点:
すべての人に有効というわけではなく、薬がよく効く人と効かない人がいます。長期間使用すると、効果が弱くなったり、効かなくなることがあります。副作用としては、発疹、肝障害、血液障害、感染症などが起こることがありますので、定期的な検査が必要です。医師・薬剤師の指示を守って服用しましょう。

生物学的製剤

炎症の悪化や関節の破壊を促進するサイトカインを抑制します。

特徴:
点滴や注射で投与され、速効性と高い有効性が期待できます。さらに、関節破壊の進行を抑えたり、関節破壊を未然に防止することができるため、新しいタイプの薬剤として注目を集めています。
注意点:
高い有効性が期待できる一方で、感染症などの重篤な副作用を起こすことがあります。治療費も高額であることから、リウマチ治療に精通した医師が慎重に使用を検討します。使用中は、必ず医師・薬剤師の指示を守りましょう。

手術療法

薬物療法やリハビリテーションで十分な効果が得られない場合は、手術を行います。

滑膜切除術

炎症を起こしている滑膜を取り除く。

滑膜切除術のイラスト 拡大する

関節固定術

手首や足首の関節を固定して痛みをなくす。

関節固定術の写真 拡大する

※写真提供: 井上和彦 先生

人口関節置換術

破壊された関節を切り取り、かわりに人工関節を入れる。

人工関節置換術のイラスト 拡大する

リハビリテーション

関節の可動性と筋力の維持・向上をはかります。

物理療法

目的:
痛みを和らげ、血液の循環をよくする。
方法:
温熱療法・・ 部分浴、ホットパックなど
寒冷療法・・ 超低温運動療法など
水治療法・・ 温泉・温水プール療法など
光線療法・・ レーザー光線

運動療法

目的:
関節の機能を保ち、筋力の低下を防ぐ。
方法:
自動運動・・ リウマチ体操、ひもを使った運動など
他動運動・・ 徒手矯正など

作業療法

目的:
手や指を中心に、日常の動作を助ける。
方法:
手芸、編み物、粘土細工、書道、絵、ワープロ、点字など

装具療法

目的:
関節を支え固定して、変形を予防し、矯正する。
方法:
スプリント、サポーター、コルセット、カラー、足底板など

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報