ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

生活習慣病の食事療法

食事療法は、長く続けていくことが、とても大切です。食事の習慣は生まれてから長い間に身についてきたものですから、それをいっぺんに変えることは難しいことです。ですから、生活習慣病と診断されて食事療法を始める時には、長く継続できるように医師や栄養士とよく相談して、できることから少しずつ始めて、だんだん望ましい食生活に近づけていくのが良いでしょう。

このコンテンツで、それぞれの項目で示している食事療法の内容は、生活習慣病と診断されて間もない方や、すでに発病してしまった生活習慣病以外に新たな生活習慣病が起こるのを予防するために、取り組み易いものを中心に紹介しています。

また、腎臓の病気などの合併症がある方、極端な肥満のある方、血糖、血圧、血中脂質などの値が非常に高い方などでは、ここに示した項目以外に、専門的な治療などにも注意しなくてはならないことがあります。そのような方は、医師や栄養士の指示に従ってください。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報