ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

生活習慣病の食事療法

生活習慣病と食事療法

挿絵糖尿病、高血圧、脂質異常症など生活習慣病は、生活習慣と関係が深い病気です。偏った食生活や食べ過ぎ・飲み過ぎ、喫煙、睡眠不足や不規則な生活リズム、運動や休養の不足など、さまざまな生活習慣の乱れが関係します。その中でとくに重要なものは食習慣です。

食事療法は生活習慣病の治療の中でももっとも大切なものであり、治療の基本です。現在の生活習慣病を良くするためにも、また将来、新たに発症することを予防するためにも、医師、栄養士の指示に従い、食事療法に取り組みましょう。

食事療法のメリット

挿絵食事療法は、適切なカロリーと、バランスのとれた健康的な食事を3食きちんととることで、生活習慣病を改善しようというものです。特定の栄養素や食事の量を極端に減らしたり増やしたりするようなことはしません。

適切な食事療法を長く続けると、肥満を解消し、血糖、血圧、血中脂質を改善することができます。食事療法の効果が十分であれば、薬を使った治療を行う必要がなくなる場合もあります。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報