ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

患者さん・ご家族の皆さま なるほど病気ガイドへのリンク

ここから本文です

コレステロールをもっと知る

LDL(悪玉)コレステロールが増えると動脈硬化に

コレステロールや中性脂肪はバランスよく血液中に存在している状態では、身体にとって重要な役割を果たします。ところがそのバランスがくずれると、大変なことが起きてきます。特に悪玉と呼ばれるLDLコレステロールは、増えすぎると、血管壁に入り込んでしまいます。血管壁の中ではLDLは酸化されて「酸化LDL」となります。実はこれが「悪玉」の正体です。この「酸化LDL」はマクロファージという細胞に取り込まれて、血管の壁にプラークと呼ばれるこぶをつくります。それがどんどん大きくなると血管壁が厚くなって、血液の通り道が狭くなり、流れにくくなります。 これが動脈硬化です。このプラークは大きくなるだけでなく、破れることもあります。
そうすると、破れた血管を修復しようと血小板があつまって、血栓ができ、その血栓によって血管が詰まってしまうこともあるのです。LDL(悪玉)コレステロールが高くても自覚症状はありません。だからといって放置しておくと、知らぬ間に血管では動脈硬化が進行してしまい、とても危険です。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報