ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

患者さん・ご家族の皆さま なるほど病気ガイドへのリンク

ここから本文です

コレステロールをもっと知る

コレステロールは体に必要なもの

そもそもコレステロールは人間の身体を形成している細胞の膜の構成成分としての役割があり、とても重要なものです。また、コレステロールは肝臓で作られる胆汁酸や副腎で作られるステロイドホルモンなど、生理的に必要な物質のもととなっています。

コレステロールは体に必要なもの

そもそもコレステロールって?

コレステロールはいわゆる「脂(あぶら)」です。従って、そのままでは血液中にうまく溶け込むことができません。では、どうやって、血液中に存在しているのでしょうか?実は、水に溶ける性質を持っているたんぱく質と結合して、「リポたんぱく」と呼ばれる粒子になって血液中に溶け込んでいます。

そもそもコレステロールって?

コレステロールの「善玉」と「悪玉」って何?

よくコレステロールには、「善玉」と「悪玉」があるといわれます。では、この善玉、悪玉にはそれぞれどのような役割があるのかご存知ですか?「悪玉」と呼ばれる「LDLコレステロール」は、肝臓で作ったコレステロールを体内の細胞へ運ぶ役割があります。そして、「善玉」と呼ばれる「HDLコレステロール」はいろいろな臓器で使い切れず余ったコレステロールを肝臓へもどす役割があります。どちらもとても重要な役割を持っているのです。ところが、血液中のLDL(悪玉)コレステロールが過剰になると、血管の壁にコレステロールがたまってしまい、血管の動脈硬化を進行させてしまうことになります。これが、LDLコレステロールが「悪玉」と呼ばれるゆえんです。

コレステロールの「善玉」と「悪玉」って何?

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報