ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

患者さん・ご家族の皆さま なるほど病気ガイドへのリンク

ここから本文です

コレステロールをもっと知る

自覚症状のない脂質異常症(高脂血症)

血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)が過剰な状態、またはHDL(善玉)コレステロールが少ない状態を脂質異常症(高脂血症)といいます。普通は血液検査をして初めて分かる病気です。この脂質異常症は自覚症状がないため、その危険性になかなか気付かないことが多いのです。でも、気付いた時には、もう手遅れの場合もあるのです。

●脂質異常症(高脂血症)の診断基準値

脂質異常症(高脂血症)の診断基準値

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版

脂質異常症のほんとうに恐ろしい理由とは…

脂質異常症の状態が続くと、動脈硬化は進展していきます。そして動脈硬化によって、血液の流れが滞ったり、血管がダメージを受けたりして、最後には、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの命に関わる重大な病気を突然発症する恐れがあります。

脂質異常症(高脂血症)の診断基準値

危険因子が増えると危険度もアップ

動脈硬化が原因で起こる狭心症や心筋梗塞、 脳梗塞には、コレステロールや中性脂肪の ほかにも様々な危険因子があります。

動脈硬化性疾患の主な危険因子
  • ・高LDLコレステロール血症:140mg/dL以上
  • ・冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)にかかったことがある
  • ・加齢:男性の場合 45歳以上 女性の場合 55歳以上
  • ・高血圧
  • ・糖尿病、もしくは糖代謝の異常がある
  • ・喫煙
  • ・家族が冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)にかかったことがある
  • ・低HDLコレステロール血症:40mg/dL未満
  • ・脳梗塞、閉塞性動脈硬化症にかかったことがある

これらの危険因子を重なって持つと、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす危険性が高くなります。そのため、危険度の高い人は、より厳格な脂質管理が推奨されます。

●冠動脈疾患の危険度

冠動脈疾患の危険度

40歳代で危険因子を持たない人の
冠動脈疾患の発症率を1としたときの危険度

Kannel WB, et al: Ann Int Med 90; 85-91, 1979

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報