ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

副鼻腔炎

鼻ポリープ(鼻茸)(はなたけ)

鼻ポリープ(鼻茸)とは

鼻ポリープとは、鼻粘膜や副鼻腔粘膜の一部が成長してできた突起のことで、鼻茸(はなたけ)とも呼ばれます。副鼻腔炎などの鼻の病気や、気管支喘息などに伴ってできることもあれば、逆に鼻ポリープができて副鼻腔と鼻腔がつながっている部分の通りが悪くなることによって副鼻腔炎が引き起こされることもあります。
鼻ポリープは、慢性副鼻腔炎患者の10〜20%の方にみられます。できる数は1つとは限らず、その大きさもさまざまです。

鼻ポリープの症状

鼻ポリープができると、鼻づまりや鼻水、嗅覚障害、頭痛などのさまざまな症状が引き起こされます。鼻ポリープが悪性のもの(がん)になることはありません。

鼻ポリープの治療

内視鏡手術を行って、炎症を起こしている粘膜とともに鼻ポリープを取り除くことができます。
また、点鼻薬など薬物療法でも、鼻ポリープは小さくできます。ただし、薬をやめると再発しやすいという傾向がありますので、薬は医師の指示を守ってきちんと飲みましょう。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報