ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

副鼻腔炎

9.治療の継続と終わり

自己判断で薬や通院をやめずに、
医師の指示を守ってしっかりと治療することが大切です。

急性副鼻腔炎は、ふつう数週間で完全に治る病気です。しかし、これをきちんと治療せずにいると、炎症を何度も繰り返したりして慢性副鼻腔炎を引き起こすことにつながります。急性副鼻腔炎の症状が軽くなったとしても、医師が指示する間はしっかりと治療を続けることが大切です。
慢性副鼻腔炎は、日常生活にさまざまな支障を起こすだけでなく、中耳炎など他の病気を引き起こす原因になったり、重い合併症を引き起こすことさえもあります。ひどい症状を感じなくても、また、長期に及ぶ治療が面倒に感じても、自己判断で薬や通院をやめずに、医師の指示を守ってしっかりと治療を続けましょう。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報