ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

関節リウマチ

解熱鎮痛薬と胃の障害

監修医:杏林大学医学部第三内科学教室教授 高橋 信一 先生

解熱鎮痛薬の胃への影響

NSAID潰瘍の内視鏡写真NSAID潰瘍の内視鏡写真 痛みや炎症を抑えたり、解熱の目的で使われる非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を飲み続けると、胃炎や胃潰瘍の副作用が起こることがあります。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は、痛みの元となる物質を作り出す酵素(シクロオキシゲナーゼ:COX:コックス)の働きを妨げて、解熱や鎮痛、抗炎症作用を発揮する薬です。COXには2つの種類があり、COX-1は胃粘膜や血管にあって生体の恒常性の維持に、COX-2は主に刺激があった時に作られ、痛みや炎症に関係しています。非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は、COX-2の働きを抑えて、解熱、鎮痛、抗炎症作用を示しますが、多くの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は、COX-2だけでなく、COX-1の働きも抑えるため、胃酸の分泌が増えたり、胃粘膜の血流が悪くなったりして、胃炎や胃潰瘍を起こす原因になるのです。

胃炎や胃潰瘍が起こると胃の痛み、吐き気などの症状が起こりますが、ピロリ菌などによる潰瘍に比べ、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)による潰瘍では症状が出にくいため、なかには何も症状を感じないうちに、突然、胃から出血して吐血(口から血を吐く)や下血(便に血が出る)する方もいます。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)による胃炎、胃潰瘍に使用する薬

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を長く服用する時には、可能ならば定期的に内視鏡検査を受けて、胃炎や胃潰瘍が起きていないか調べることが勧められます。内視鏡検査で胃潰瘍が認められた時には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を中止して、胃酸の分泌を抑えるヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)などで治療します。非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の使用を中止できないのであれば、維持療法を行うことが勧められます。胃潰瘍にはいたっていない胃炎の状態であれば、ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)が非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)と併用されます。

胃障害の少ない非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)

最近、副作用の軽減を目的に開発された、COX-2選択的阻害薬という新しいタイプの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)が使えるようになりました。このタイプの薬は、COX-1にほとんど作用しないため、胃への影響が起こりにくいという特徴があります。とくに関節リウマチの治療などで、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を服用することが欠かせない場合には、このタイプの薬の使用が勧められます

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報