ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

関節リウマチ

9.治療の継続と終わり

炎症をコントロールし、悪くなるのを防ぐことで、快適な生活を送ることができます。

関節リウマチの治療薬が進歩したことで、関節の腫れや痛み、炎症のない状態を続けること(寛解)が可能な患者さんが増えてきました。ただ、どのような患者さんがこうした状態になるかは分かっていないので、炎症や症状がある限りは、薬やリハビリテーションを続けながら、病気が悪くなるのを抑えていくことが必要です。

焦らずゆっくりと病気とつきあっていきましょう。

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報