ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

関節リウマチ

1.どんな病気?

免疫の異常により関節の腫れや痛みを生じ、それが続くと関節の変形をきたす病気です。

2.なぜ起こる?

免疫が異常となり、自分の正常な組織を攻撃し、関節が炎症を起こし、骨が破壊されることで起こります。

3.検査・症状

さまざまな検査を受けたり、症状を医師につたえることは、関節リウマチの診断や活動性、治療効果の判定に必要です。

4.なぜ治療が必要か

きちんと治療を受ければ、痛みやこわばりなどのつらい症状を軽くし、関節の破壊を食い止めることができます。

5.他の病気との関係

関節リウマチの患者さんは、他の自己免疫疾患や骨粗しょう症などの合併症を起こすことがあります。合併症を早く見つけ、早く治療することが大切です。

6.治療の種類

関節リウマチの治療の基本は、薬を使って、症状をやわらげ病気の進行を抑えることです。同時に病気を悪化させないようにする生活上の注意や、関節や筋肉を衰えさせないリハビリテーションを行います。関節の機能が失われて生活に支障がある場合、薬で痛みを抑えることができない場合などには手術が行われます。

7.薬の働き

さまざまな種類の治療薬を、患者さんの状態に合わせて使います。。

9.治療の継続と終わり

炎症をコントロールし、悪くなるのを防ぐことで、快適な生活を送ることができます。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報