ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

前立腺がん

PSA検査

PSA検査は、前立腺がんを診断するだけでなく、治療経過観察中の再燃・再発を見つける上でとても有効な検査です。PSAは前立腺がんの腫瘍マーカー(がんの発現に関連を持つと考えられている生体内のタンパク質)としても重要な働きをします。

PSAとは

PSAとは、英語のprostate specific antigen= 前立腺特異抗原の略で、主として前立腺から精液中に分泌されるタンパク質の一種です。射精後の精液の液状化に関係し、受精に欠かせないものといわれています。一部は血液の中にも流れ出ていて、健康な人のPSAはおおよそ2ng/mL以下です。加齢にともなう前立腺の肥大や炎症により増えることがあり、一般的に4ng/mL以下が標準値とされています。しかし、前立腺に異常があると血液中に大量に放出されて濃度が高くなります。他の臓器の異常では数値は変わらず、前立腺の異常にのみ反応することから、前立腺に特異的な抗原といわれています。前立腺がんでも数値に反応が出やすいことから、前立腺がんの腫瘍マーカーとして使われるようになりました。

PSA値が上がる他の要因

PSA値は前立腺がんの可能性をチェックする上でかなり精度の高いマーカーですが、あくまでも「前立腺がんの疑いがある」という指標であり、それだけで「がんである」と断定することはできません。PSAは次の場合にも高くなることがあります。

前立腺肥大症

前立腺に良性の腫瘍ができ、前立腺が大きくなる病気です。大きくなるにしたがってPSA値も上昇します。

前立腺の炎症

細菌などに感染して、前立腺に急性・慢性の炎症が起きている場合も、PSA値は上がります。

外部からの刺激

針生検や手術などの治療で前立腺が傷つけられた時、尿道に器具を入れて検査をしたり導尿をしたりした時、直腸診などで前立腺に力を加えた時など、外からの刺激を受けた時も、PSA値は上がります。

射精

射精をしたときも、PSA値は上がることがあります。

PSA値と前立腺がんが見つかる確率

PSA値は、高くなればなるほど前立腺がんの見つかる確率が高くなります。また、前立腺がんが進行している度合いも高くなります。前立腺がんが見つかる確率は、表のように考えられています。

4〜10ng/mL未満は前立腺がんが発見される確率は25〜30%ですが、「まだ前立腺がんではない」とするものではなく、危険域にあると考えるべきです。もし前立腺がんが存在するならば、10ng/mL未満のうちに治療を開始した方が完治する可能性が高くなります。

  • 確定診断には、顕微鏡でがん細胞の有無を調べるため、細胞をとる生検を必要とします。生検を行うかどうかを医師と相談してください。

生検を実施するか否かを決定するにあたって、参考にされる指標として次のものがあります。

PSA密度(PSAD)

PSA値を前立腺の容積で割ったものです。
PSA密度が低い場合、前立腺がんではなく前立腺肥大症の可能性を考える場合があります。

F/T比

PSAの中には、タンパク質と結合したPSAと、結合していない遊離PSAがあります。
F/T比とは、総PSAにある遊離PSAの割合を示すものです。
F/T比が低いほど前立腺がんの可能性が高いと考えられます。

PSA速度

PSAを時間を空けて測定したときの値の上昇の速さです。
検査値が速く上昇している場合はがんの可能性が高いと考えられます。

年齢階層別PSA

PSA値は加齢によって上昇します。年齢階層別PSAとは、年齢毎にPSAの基準値を定めたものです。
50〜64歳は3.0ng/mL以下、65〜69歳では3.5ng/mL以下、70歳以上は4.0ng/mL以下が正常値として推奨されています。

生検を行った結果、がんが見つからなかった場合でも、その後は定期的にPSA検査を行って経過を見る必要があります。PSA値は、1回の数値ではなく、連続的な変化としてとらえることが大切です。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報