ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

前立腺がん

5.前立腺がんの分類

治療方針を決める上で重要な目安となるのが、がんの進行度(病期)とがんの悪性度です。それぞれに、段階で表す分類法があります。

がんの進み具合を示す分類(TNM分類)

がんの進み具合は、病期(ステージ、浸潤度、進行度)と呼ばれ、一般に「TNM分類」という分類法が使われています。T、N、Mの文字を使い、
T(Tumor=原発腫瘍)→前立腺でがんがどれくらい拡がっているか
N(Nodes=所属リンパ節)→リンパ節に転移があるかどうか
M(Metastasis=遠隔転移)→骨、肝臓、肺など、前立腺から離れた他の臓器に転移があるかどうかを表し、さらにそれぞれが細かく分けられています。
画像検査によって、病期を診断します。

TNM分類

TNM分類の表です。 拡大する

治療によって完治が期待できるかどうかは、がんが前立腺の中にとどまっているかどうかが重要なポイントになります。前立腺の中にとどまっていれば、手術や放射線治療などで完治を目指すことができますが、他の臓器に転移がある場合は完治を目指すことはできません。つまり、完治が期待できる「早期がん」は、T1〜T2のN0M0ということになります。

ABCD分類

病期をA〜Dで表現することもよくあります。
病期Aは前立腺肥大症の手術などでたまたまがんが発見されたような場合、病期Bは一般的な早期がんに相当し、前立腺内にがんがとどまっている場合、病期Cは前立腺の外側にまで拡がっている場合、病期Dは骨盤内・リンパ節への進展・転移がある場合や遠隔転移がある場合です。

がんの悪性度を示す分類(グリーソン分類)

がんの悪性度は、がんの組織を顕微鏡で見た時の形や並び方が、正常な組織とどれくらい異なっているかで判断されます。正常な組織と異なるほど悪性度が高くなります。前立腺がんではこの悪性度を「グリーソン分類」という分類法で表します。
この分類法は、がんの組織の形や浸潤増殖様式を1〜5の5段階に分類してスコア(点数)化し、採取した組織の中で最も面積の大きいパターンとその次に大きいパターンの点数を合計して「グリーソンスコア」を算出します。このスコアが高いほど、がんの進み方が速く悪性度が高いと考えられます。

グリーソンスコア

スコア がんの悪性度
2〜6 悪性度が低い
7 中間
8〜10 悪性度が高い

生検を行い、組織を採取して調べます。

前立腺がんのリスク分類

根治治療が期待できる限局性前立腺がんに対する治療の選択には、PSA値、生検グリーソンスコア、臨床病期を組み合わせたリスク分類が用いられ、D'Amico(ダミコ)の分類が日本でも広く用いられています。それぞれのリスクと身体的状況に応じて、PSA監視療法、外科療法、放射線療法やホルモン療法などの治療が選択されます。

限局性前立腺がんのリスク分類

前立腺がんのリスク分類の表です。 拡大する

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報