ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

肺炎

抗菌薬

抗菌薬は、細菌の増殖を抑えたり死滅させたりする力があります。化学的構造によって、セフェム系、ペニシリン系、マクロライド系、キノロン系などの種類に分かれていて、それぞれ効果のある細菌の種類が異なります。また、飲み薬、静脈内注射(点滴)など、いろいろな形があるため、医師は患者さんの状態などをみて、最適な種類の薬を選んで使います。

βラクタム系抗菌薬(セフェム系、ペニシリン系など)

βラクタム系抗菌薬には、セフェム系、ペニシリン系など現在では非常に多くの種類があります。細菌の形を保っている壁(細胞壁)を作るのを妨げることで細菌を死滅させます。

マクロライド系・テトラサイクリン系抗菌薬

病原微生物が活動するために大切なタンパク質を作らせないことによって、増殖を抑え死滅させる作用があります。βラクタム系抗菌薬が効かないマイコプラズマやクラミジアなどにも効果を発揮します。

キノロン系抗菌薬

病原微生物の遺伝子を作らせないことによって、増殖を抑え死滅させる作用があります。多くの細菌やマイコプラズマ、クラミジアなどに広く効果があります。

その他、症状をやわらげる薬物治療(対症療法)

原因を取り除く治療とともに、さまざまな症状をやわらげる治療も行います。
咳を鎮める鎮咳薬(ちんがいやく)、熱を下げる解熱薬、痰の症状を軽くしたり出しやすくしたりする去痰薬、息苦しさや咳をやわらげる気管支拡張薬などが、症状に応じて処方されます。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報