ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

肺炎

1.どんな病気?

肺炎とは、主に細菌やウイルスが肺に感染して炎症を起こす病気です。がん、心臓病、脳卒中に続いて、日本人の死亡原因の第4位です。

2.肺炎はなぜ起こる?

呼吸器の防御機能低下や病気、ストレスのために免疫力が落ちているときなどに、病原微生物に感染すると肺炎が起こりやすくなります。

3.症状と検査

病院・診療所では、適切な治療を受けるためにも、医師に症状をきちんと伝えましょう。炎症の状態や原因となっている微生物を調べるため検査を行うこともあります。

4.なぜ治療が必要か?

治療が遅れると、重症化し命にかかわることもあります。肺炎が疑われる時は、早めに病院・診療所を受診して治療を受けることが重要です。

5.他の病気との関係

インフルエンザなどの呼吸器の感染症や、慢性の病気のある方は肺炎になりやすいので、とくに注意が必要です。

6.治療の種類

抗菌薬による薬物治療が中心です。

9.治療の継続と終わり

医師の指示を守ってしっかりと治療することが重要です。処方された薬の量と服用期間は守りましょう。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報