ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

中耳炎

難聴

2種類の聴力

私たちの聴力には、耳から空気を振動させて入ってくる音を聴く「気導聴力」と、頭の骨が振動して内耳に直接伝わって感じる音を聴く「骨導聴力」の2種類があります。

難聴の検査

難聴の検査は、外部の音が入らないようにした部屋で、オーディオメーターという機械を使って行われます。
「気導聴力」と「骨導聴力」のどちらに異常があるかを調べることで、難聴の原因となっているおおよその場所を知ることができます。
気導聴力だけが低下する場合は、難聴の原因は外耳や中耳にあり、骨導聴力も低下している場合には、難聴の原因は内耳にも及んでいることが分かります。

中耳炎と難聴

挿絵 程度の差はありますが、ほとんどすべての中耳炎患者さんに難聴が起こります。急性中耳炎では、難聴を自覚しない間に治ってしまうことがほとんどですが、滲出性中耳炎や慢性中耳炎の場合には、適切な治療を行わなければ、難聴が後遺症となってしまうこともあります。
難聴を悪くしないためには、中耳炎を早期に発見して治療を始めることが重要です。耳の聞こえにくさや耳の詰まった感じがある場合は、すぐに病院・診療所で検査を受けましょう。また、子供が音に対する反応が鈍いことがある場合も、すぐに受診しましょう。さらに、年に1回程度は、定期検査を受けることをお勧めします。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報