ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

変形性関節症

サプリメントや一般用医薬品(関節成分を含むもの)

サプリメントや一般用医薬品(関節成分を含むもの)

関節に痛みや腫れ、こわばりなどが起きる原因のひとつとして、グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲンなどの関節成分の減少が関係していることがあります。このため、これらの関節成分を配合した一般用医薬品やサプリメントがたくさんあります。
一般用医薬品とは、薬局等で医師・歯科医師の処方せんもしくは指示がなくても購入できる医薬品で(これに対して医師・歯科医師の処方せんもしくは指示が必要な医薬品は、医療用医薬品と呼ばれます)、臨床試験の結果などに基づき、効果のある病気や症状を「効能・効果」として厚生労働省が認めたものです。現在のところ、コンドロイチンを含む一般用医薬品に「関節痛」や「神経痛」などに対する効能・効果が認められたものがありますが、「変形性関節症」や「関節リウマチ」に効能・効果が認められたものはありません。
また、グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲンを含むサプリメントは日本では食品に分類されており、病気に対する効果が科学的に確認された治療薬ではありません。一般用医薬品やサプリメントは、こうしたことをよく理解したうえで使う必要があります。
変形性関節症や関節リウマチなどの病気が疑われる方や、これらの病気と診断された方は、病院・診療所を受診し、変形性関節症や関節リウマチに対する効果が臨床試験で科学的に確認され、効能・効果が厚生労働省によって認められた医療用医薬品を使った治療などを受けることが勧められます。

コラーゲンとは

コラーゲンとは線維状のタンパク質で、関節軟骨の他に、皮膚や骨などにも多く含まれています。軟骨に含まれるコラーゲン線維は、軟骨の強さや弾力性を保つ役割を持っています。

グルコサミンとは

グルコサミンとは、軟骨の重要な成分であるプロテオグリカンが体内で作られる時に必要となる材料のひとつです。サプリメントには、エビやカニの甲羅などから抽出されたグルコサミンが使用されています。

コンドロイチンとは

コンドロイチンは、ネバネバとしたゲル状の物質で、軟骨のプロテオグリカンでは水分や栄養を取り込む役割を持っています。サプリメントに使われるコンドロイチンは、サメのヒレから抽出されたものなどです。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報