ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

変形性関節症

6.治療の種類

薬物療法で痛みや腫れをやわらげながら、
運動療法で関節の周りの筋肉を鍛えます。
病気の程度によっては手術を行うこともあります。

変形性関節症の治療の基本は、薬物療法と運動療法です。薬物療法で症状をやわらげながら、同時に運動療法などによって関節の周りの筋肉を鍛え、関節の機能を保っていきます。これらの治療を行っても症状がとれない場合には、手術を行うこともあります。

薬物療法

痛みをやわらげたり、関節の機能が悪くなることを防ぐために、薬物療法が行われます。
炎症による痛みや腫れを治療するためには、おもに非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)が使われます。また、ヒアルロン酸やステロイドなどの薬を関節内に注射することで、関節の機能を改善したり、炎症や痛みをやわらげたりすることもできます。

運動療法

挿絵関節の働きを保ち、良くするためには、運動療法が欠かせません。家庭でできる簡単な運動や水中歩行、ストレッチなどを行うことで、関節の動く範囲を拡げたり、関節の周りの筋肉を鍛えることから関節にかかる負担を軽くすることができます。また、変形性関節症の原因のひとつである肥満の解消にも役立ちます。
ただし、無理な運動をすると、かえって病気を悪くしてしまうこともあります。医師や理学療法士の指導を受けて、適度な運動を続けることが大切です。

装具・補助具

挿絵関節を保護したり、支えたりするために、装具や補助具を使うことがあります。「足底板(そくていばん)」や「ひざ装具」を使うことで、関節が壊れるのを防いだり、関節を矯正することができます。杖やサポーターを使えば、関節への負担を軽くすることができます。

装具や補助具で一時的に症状を軽くすることはできますが、関節が壊れたり変形したりするのを防ぐためには、あわせて運動療法を行うことが大切です。

手術

薬物療法や運動療法を行っても症状が良くならない場合や、すでに関節の変形がひどく、日常生活に支障がある場合などには、手術が行われることもあります。
手術を行った場合にも、その関節を動かす筋肉を鍛えるための運動や、関節が動く範囲を拡げるための運動を行うことが必要です。

関節鏡を使った手術(関節鏡視下手術)

関節に内視鏡を入れて行う手術です。軟骨のかけらを取りだしたり、骨棘を切ったりすることで、痛みなどの症状をやわらげることができます。おもに膝関節に行われます。

骨を切る手術(骨切り術)

骨を切ってつなぎ直すなど、骨の変形を矯正する手術です。骨がつくまでに2〜3カ月かかるため、長期の入院やリハビリが必要です。

人工関節に置き換える手術(人工関節置換術)

関節を、特殊な金属やプラスチックなどでできた人工関節と置き換える手術です。膝や股関節の軟骨や周りの骨の破壊が進んでいる場合などに行います。術後、1ヵ月程度の入院が必要です。ほとんどの場合、関節の痛みがなくなり、歩くこともできるようになりますが、正座など、関節を深く曲げる動作を行うことは難しいでしょう。

このページの情報は役に立ちましたか?

よろしければ、アンケートにもご協力ください。


役に立たなかった理由は?※必須


  • 性別
  • 年代

誰のためにアクセスされましたか?


何を調べるためにアクセスされましたか?


ご意見・ご感想をご自由にお書きください。(全角300文字以内)


アステラス製薬が日本の医療用医薬品の製造・販売メーカーであることを知っていますか?


※送信完了画面をもって受付完了とさせていただきます。確認メールなどの送信はありません。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり
関連リンク情報